業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

不動産会社によって土地の査定額が異なる理由は?

4年前に亡くなった父から相続した土地がありまして、これまではいつかそこに自分の家を建てようと考えていたので、毎年固定資産税を支払ってきました。
昨年子供が生まれて、そろそろ本格的に家のことを考えようと妻と相談しましたが、田舎育ちの妻は都内で一軒家に住むと空き巣や物騒な事件に巻き込まれる危険性も高くなるし、前と違って今は仕事を辞めて日中は小さな子供とずっと二人で家にいるから、やはり知らない人が突然玄関先に訪問してくることもなく、ガラスを割られて家の中に侵入される心配もない高層マンションを購入した方がいいと言い出して、その意見に従うことにしました。
早速現在売りに出されている新築マンションの情報を集めると、会社の近くに来年完成予定の二人とも100%気に入った物件が見つかって、先日モデルルームを見に行くと、すでに予約がかなり入っているということで、良い部屋がなくなるといけないので、その場で予約を入れてきました。
土地がなければ、私の収入だけだと住宅ローンの審査が通るギリギリのラインですが、土地のことを伝えると余裕で審査が通ると言ってもらえたので、その足で銀行の住宅ローンの相談窓口に寄ってきましたが、全く問題ないというお墨付きをもらえたので、土地の売却をすることにしました。
まだあくまでも査定段階なのですが、念の為3つの不動産会社に見積りをしてもらうと、それぞれ金額にかなりの差があるのですが、同じ土地なのになぜこれほど査定額が異なるのでしょうか?


回答

査定方法や売り方などによって査定額は異なります。


不動産会社によって、方針や査定方法が異なりますので、同じ土地でも査定金額が異なるのは当たり前です。
もちろん、土地には評価額がありますので、それによってある程度の金額は決まってきますが、その土地がすぐに売れるか売れないかでも金額は大きく変わってきます。
不動産会社の利益の取り方や、直接買取するのかでも大きく変わってきますので、時間に余裕がある場合は、買取ではなく買い手を見つけてもらうことをおすすめします。
自分で希望額を伝えて、その金額で買い手を見つけてもらうこともできます。
取引する不動産会社を決める時には、きちんと査定マニュアルに沿って正確な査定価格を出せるかどうかを確認して、親身になって相談に乗ってくれる担当者がいる会社を選びましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク