業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

不動産購入の住宅ローンの注意点はありますか?

私はこれから新しい住まいを手に入れたいと思っているのですが、そのためには住宅ローンを組む必要があり、これまで大きなローンを組んだことがなかったため、少し不安に感じています。
そこで、住宅ローンを組む際にはどういった点に注意をすればいいのか、ポイントを紹介してください。

回答

金利や頭金、諸費用などについて考えておきましょう


住宅ローンはかなり高額なローンとなってしまうのですが、意外と多くの人はしっかりと考えずにローンを組んでいるケースが多いため、どういった点に注意をして住宅ローンを組むべきなのか解説しましょう。
まず、頭金について悩んでいる人は多く、最近は頭金が0であっても利用できるローンも登場しており、金利の負担も現在は低いことから無理に頭金を用意しなくてもいいという考え方もあります。
しかし、将来のリスクに備えるためには頭金を支払ったほうが基本的にはよく、頭金を用意しておくことによって、将来売却をしてローンを完済できる可能性が高くなり、ローンの借り換えをする際にも有利となるのです。
また、住宅ローンでは固定金利と変動金利のどちらかを選ぶことができるのですが、これはどちらにも一長一短があるため、どっちを選ぶべきと決めることはできず、頭を悩ませている人はたくさんいます。
今後、日本で金利がどのように変化していくのか予想することはなかなか難しく、ひょっとしたら金利上昇してしまう可能性も否定することはできないため、固定金利のほうが有利であるという考え方もあるのです。
現在は金利がかなり低くなっているため、長期的にローンを組むならば長期固定金利にしておくとリスクを回避することができ、また、変動と固定を組み合わせるという方法もあります。
実はローンを組む際にはいろいろな費用が別途発生してしまい、保証料や事務手数料といったものの支払いの負担は意外と大きいため、どのくらいの費用がかかるのか計算しておきましょう。
また、住宅ローンを借りる際には団体信用生命保険に加入することが必須条件となっており保険料も無料となっていることが多いのですが、一部で保険料が任意負担となっているケースもあるため注意しましょう。
このように住宅ローンの加入の際には考えておくべきことがいくつもあるため、事前にしっかりと住宅ローンの細かい条件について見極めておくことが大切であり、ローンは長期化するのが普通のため、将来のことを考えてリスクの少ない選択をしましょう。
住宅ローンは人生に大きな影響を与える重要な選択となります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク