業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

不動産の営業をしたいと思っていますが、ノルマってキツイですか?

不動産の営業の求人を見かけました。
とにかく若いうちにゴリゴリ営業し、お金を稼いで独立したいと考えています。
ただ、自分のスキルアップという点で見ても、なるべく高額な商品を販売できる営業職が良いと考え、不動産か車と比較して、不動産がベストだと思っています。
理由としては、不動産は基本的に、一人のお客さんが生涯で一番高い買い物となりますよね。
つまり、その買い物をサポートする営業として、しっかりと価値を感じてもらえれば、納得して買ってもらうことができれば、ベストだという想いがあり、それができれば他のどんな商品も売れるようになると思ったからです。
しかし、この手法でやる場合、少し気になるのが「ノルマ」です。
年間のノルマみたいなものであれば、達成できる自信はありますが、それを月間で詰められてしまうと、なかなか厳しいな、と考えています。
実際、不動産の営業のノルマって厳しいものでしょうか?

回答

会社にもよりますがノルマはキツイところが多いイメージですね


不動産の種類、会社の方針にもよりますが、ノルマがキツイところは多いイメージです。
内容から見て、あなたが受けようと思っている会社は、不動産でも戸建ての住宅を販売する会社のようですが、やっぱりノルマはあるでしょうし、厳しく見られるでしょう。
また営業方針などもあるでしょうから、「今月は建売を中心に」とか「今月は注文住宅を」とか、お客さんの意に反する提案をしなければならない場面もありますね。
あなたの場合、根底にあるのが、お金を稼ぐことなのか、スキルアップでお客さんに満足してもらいながら販売する手法を確立したいのかがわかりませんが、シンプルにお金を稼ぐなら、会社の方針に従い、ゴリゴリ強気の営業をすれば売れるでしょうし、お金も稼げます。
ただ、その方法で独立した後にうまく行くかというと、そんなことはないでしょうね。
一方、しっかりとタネをまき、水やりをし、長い目で見てお客さんを育てるという観点で見れば、それは意味のあることです。
ただし、その場合、会社としてどれくらい待ってくれるのかを見極める必要はあります。
某不動産会社の場合、半年や1年で1棟も売れない場合はクビという条件のところもあるそうなので、会社選びが重要となるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク