業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

不動産相続でよくあるトラブルは何ですか?

私の父が亡くなってしまい、遺産として不動産があるため、それをどのように相続するのかをこれから考える必要があって、ひょっとしたらトラブルに発展するのではないかと恐れています。
そこで、事前にどのようなトラブルが起きる可能性があるのか知っておきたいと思っているので、不動産の相続についてのよくあるトラブルを教えてください。

回答

分割の方法についてトラブルになりやすいです


相続の際には財産を分割して分けることになるのですが、不動産の場合は簡単に分割するわけにもいかないため、相続の際にどのように分割するのかでトラブルになることがよくあります。
土地を分割する方法として、直接そのまま分けてしまう方法だけではなく、土地を売却してお金にしてから分割するという方法もあって、あるいは不動産を相続した人がほかの相続人に対して金銭を支払うというパターンもあります。
あるいは、不動産を相続人みんなで共有するという方法もあって、法的にはどういった分割方法も許容されるのですが、相続人みんなに公平に分けることが求められるため、話し合いでなかなか解決しないことがあるのです。
共有することになると、後々権利関係についてのトラブルが発生する可能性があるため、それを避けるためには相続をする段階で将来のトラブルを回避できるような方法を考えることが大切です。
一番無難な方法は、一度お金に換金してしまうことで、これならばそれぞれに均等に遺産を分割することもできるため、後で文句を言う人が出てくることもなく、不公平感が生じにくいです。
また、そもそも遺産の中に不動産が含まれる場合は、高価なものであり、相続でトラブルになる可能性が高いため、生前に遺言状によってどのように処理するのか決めておいてもらうのがよいでしょう。
不動産の評価額についても意見が割れる可能性があって、それを取得する人にとっては財産が低く評価されたほうが得なのですが、取得しない人にとっては財産が高く評価されたほうが得となります。
不動産を売却するのであれば価値がはっきりとするのですが、売却しない場合にはどのようにして価格を見積もるのか問題となることがあり、この場合は相続税や固定資産税の評価額から計算することが多いです。
このように不動産の相続に関してさまざまな問題が起きやすいため、事前にしっかりと準備しておくことが大切であり、困ったときには法律の専門家に相談をしてどうすればいいのかアドバイスを求めるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク