業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

不動産の価値を高めるにはどうすればいい?

父が亡くなり兄弟3人で遺産を相続することになりましたが、ほとんどが現金ではなく不動産なので、3等分するには売却し現金化しなければいけません。
しかし、遺産の中にはほぼ満室状態のマンションや、今後価値が上昇しそうな土地などもあり、売却してしまうよりも、しばらくこのままにして様子をみた方が得策ではということになり、相続税を納めるための不動産は売却して、その他は現状のままにすることに決めました。
時期をみていずれは売却するつもりですが、不動産の価値を高めるためにはどうすればいいのか教えてください。
少なくとも5年間は不動産を売却するつもりはありません。


定期的な管理を怠らないことが重要です。


マンションをお持ちということですので、その価値を高めるためには、修繕やメンテナンスをしっかり行い、費用がかかっても必要に応じて空き部屋をリフォームするのも、資産価値を高めるには良い方法です。
どうしても空き部屋が多いと、住人にも借り手にも悪い印象を与えてしまいますが、多少古くても空き部屋が少ないマンションは人気が高く、住人が満足している良い印象を与えることになり、賃料の引き下げも防ぐことができますし、価格も上昇傾向となります。
もちろんどんな建物でも年々老朽化は進み、賃貸マンションであれば空き部屋が増えることを防ぐことは難しくなりますが、きちんと管理することで、その時期を遅れさせることは十分に可能ですし、いずれ売却するなら、事前に不動産会社などの専門家に相談して、売り時期を間違えないことが大きなポイントとなります。
更地については、土地は建物とは違い、老朽化しないと思っている方も多いでしょうが、管理をしないで放置しておくと、雑草で景観を損ねたり、知らない間にゴミの捨て場になったりして、買い手の購入意欲を低下させる原因になってしまいます。
したがって、更地でも定期的な管理を怠らないことが、土地の価値を下げない最善策となります。
広い土地がある場合は、売却する際にそのままだと坪当たりの価格を下げられてしまう要因になりますので、分筆して需要に合ったサイズにすることで、土地の価値を高めることができます。
逆に狭い土地の場合は、合筆することで土地を広く利用できるようになり、用途を広げることができるので、ケースバイケースで分筆と合筆を行いましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク