業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

賃貸マンションを探す際に利用すべき不動産の見分け方とは?

はじめての一人暮らしをするのに、現在賃貸マンション探しをしている最中です。
今は実家暮らしで、特に急いでいるわけでもないため、時間には十分な余裕があります。
もちろんインターネットも活用して、物件の候補も集めていますが、ネット上には出ていない物件もあると聞いて、仕事が休みのときには自分が住みたいと思っている場所に出向いて、まだ3社だけですが、良さそうな不動産会社を訪ねて、掘り出し物がないか聞いて回っています。
これまでは成果は出ていないのですが、会社によって時間をかけて丁寧に対応してくれたところもあれば、面倒臭そうに応対された会社もあって、同じ会社でも担当者になる人によっても当たりハズレがあることも理解しました。
もちろん、親身になって接客してくれないような担当者が付く会社とは取引したくないのですが、利用すべき不動産会社の選び方や見分け方があれば、是非お知らせください。


回答

入店する前に確認できるポイントがいくつかあります。


インターネットで検索したマンションの家賃が、不動産会社によって異なることはほぼありませんが、礼金や資金や仲介手数料に差が出ることはありますし、面倒臭そうに接客するような会社とは、取引したくないのが当然です。
ご指摘の通りに、不動産会社にはインターネットに掲載されていない、その会社しか持っていない物件もありますので、自分の足でできるだけ多くの会社を回ることは意味のあることです。
安心して取引できる良い不動産会社は、従業員の言葉遣いと身だしなみがしっかりしていて、店内がいつもキレイに清掃されていて、広告には適切なキャッチコピーが使用されています。
最低この4つが守られていない会社は論外ですので、入店するまでもなく、見た目で判断できる要素はたくさんあります。
人を見た目で判断してはいけませんが、明らかにチャラチャラしていて、服装が乱れている場合は、営業マンとして失格です。
お客様に失礼な発言をして、タメ口で話しかけてくるような営業マンも失格です。
掃除もきちんとできていないような会社は、接客も適当で、良い顧客を抱えているとは思えません。
「地域ナンバーワン」「物件数ナンバーワン」「格安!」「厳選!」などと広告に謳うことは、不動産業界では禁止されているため、大げさな言葉でアピールしている会社には注意が必要で、関わらない方が無難です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク