業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

不動産会社で家賃交渉できるって本当に可能なの?

大学時代からずっと同じアパートに住んでいますが、そのお陰で貯金もたくさんできて、今ではそれなりの収入を得られるようになったので、昨年あたりから本気で引越しを考えています。
彼女はいますが結婚はもう少し先がいいと思っているので、とりあえずそれほど広くなくてもいいので、1LDKのセキュリティー面がしっかりしているマンションにターゲットを絞りました。
周りの友人や会社の同僚などにも、引越しを考えていることを伝えると、良い物件の見つけ方のアドバイスの他にも、不動産会社に行ったら家賃交渉や敷金や仲介手数料の値引き交渉をした方がいいということを聞いたのですが、これまで家賃を値下げできるなど思ったこともなく、もちろんそのやり方やコツも分かりません。
本当に家賃を下げることは可能なのか?可能であればそのやり方やコツなどを教えていただけるとありがたいです。


回答

タイミングが合えば家賃を下げることは可能です。


すべての物件で家賃交渉ができるわけではありませんが、敷金や仲介手数料を交渉次第で下げることは十分に可能ですし、タイミングや交渉の仕方によっては家賃を下げることも不可能ではありません。
実際に不動産会社と上手に交渉をして、家賃を下げている方はたくさんいらっしゃいます。
家賃交渉にはいくつかのコツやポイントがあって、まずは需要が高い時期には家賃交渉をすべきではありません。
状況的には今すぐ引越しをしなければいけないわけではないので、賃貸物件の繁忙期である時期は、物件探しを控えましょう。
これは簡単なことで、黙ってもどんどん借り手が見つかる時期に、家賃を下げる必要はありません。
一般的には10月から3月は、就職や入学や転勤が多い時期のため、特に一人暮らし向けの物件が最も動く時期で、4月以降は徐々に落ち着いて、7月から9月は閑散期となります。
したがって、家賃交渉を成功させたいなら、この時期を狙いましょう。
もちろん、物件情報は事前にしっかり調べることが大事で、人気があるお部屋の家賃を値下げするのは難しいので、できれば空室が目立っている物件を狙いましょう。
値引き交渉を成功させる上で大事なポイントは、自分は良い契約者であることを相手に伝えることで、事前に必要書類を揃えておいて、申込書は履歴書だと思って、好印象をもたれるようにしっかり記入しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク