業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

今、不動産業界において賃貸向けアパートはどんなスタイルが人気でしょうか?

賃貸向けアパートを建てようと考えています。できれば空室をなくし常に入居者で埋まっている状態を維持したいです。最近の人気はどういったスタイルの物件でしょうか?

回答

建てる地域によって需要が異なります。


老後の収入対策などで、アパート経営に乗り出す方は多くいらっしゃいます。一言でアパートと言っても、シンプルなパッケージでまとまっているわけではなく、しっかりと利益を生み出すためには、事前のリサーチがとても重要になります。
まずはどの地域にアパートを建てるのか、じっくり時間をかけて決めましょう。大学の近くなど学生の多い地域であれば、法外な家賃を設定しない限り、まず入居者に困ることはないでしょう。ただし近隣トラブルも少なくないので、柔軟に動き回れることが大事です。
また入居期間が短期のことが多いため、清掃業者とは懇意になっておく方が良いでしょう。
アパート自体も、比較的短い工期で建設可能なものを選びましょう。大学の生協や付近の不動産屋とも懇意になり、新入生へのPRを欠かさず行っていきます。
都心もしくは郊外に建てるのであれば、なにかテーマを設定すると集客がしやすいようです。人口減少時代に入り、ありきたりなアパートや安っぽく見えてしまうアパートでは、なかなか人が集まりません。アパートを建てる予定地の土地柄や住民層を入念にリサーチして、「外観を南仏風にする」「キッチンの配置や壁紙を凝ったものにする」「防音対策を施す」「ガレージつきの住居を設定する」などのテーマを持って建築することで、こだわりの住居を探している層にリーチを伸ばすことができます。建てる際の工期に関してはそこまで意識しなくてもいいでしょう。じっくりと焦ることなくしっかりと建てることが重要です。
家賃に関しては近隣の相場をみて、どの程度付加価値をつけられるかを意識して値をつけることができれば、長期のしっかりした収益プランをたてることができます。
これからも継続的に人口が維持されるような土地柄であれば、住居不足が話題になることも少なくないことでしょう。そんな際には、最近話題の「シェアハウス」に対応した賃貸契約を用意するのも1つの方法です。身内ではない、友人知人同士で共同生活を送るスタイルですが、家賃節約法として認知度が上がりました。大家からシェア認可を告知しておけば、入居希望層も広がります。
ぜひ地域で人気のアパートを形作っていってください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク